You are here

教育ローンや学資保険

大切な子どもに、もしものことがあったら大変。 それはすべての親に共通する想いです。

お金に心配することなく、教育を受けさせてあげたいと思うのも親心でしょう。それを叶えてくれるのが学資保険です。

幼稚園から大学までの教育費は、最低でも1000万円以上。 万一浪人した場合や学部によっては、5000万円くらいかかると考えられます。普通の家庭がこれだけの資金を一度に用意するのはとても無理です。そこで学資保険が役に立ちます。

学資保険とは、子供の教育資金の準備を目的として加入する、決められた保険料を支払えば、満期時(15歳満期、18歳満期など)に満期保険金が受け取れる蓄積型の保険です。 生命保険と同様に、子供や親に万が一のことがあった場合には、死亡保険金や病気やケガの治療に掛かる給付金が下りるものもあります。

家庭の経済事情により進学が困難な学生向けには、奨学金という経済的支援制度もあります。奨学金には、「給付型」と「貸与型」があります。

給付型は返済義務はありません。給付型がもらえるのは、試験などに合格した一部の優秀な学生のみです。貸与型の場合、日本学生支援機構などの機関に申請し奨学金を受け取ります。卒業後にお金を返済する必要があります。教育ローンとは異なり、込者は学生本人なので、本人に返済義務が発生します。

当サイトは、各社様の告知を広告として掲載しています。各サービスのご利用にあたっては、ユーザー様ご自身の判断により行って頂きますようお願い致します。
当サイトの掲載内容には万全を期していますが、ユーザー様が弊社のページをご利用した事により発生する、直接的および間接的損害に関しては一切の責任を負いかねます。