You are here

起業資金を調達するには?

起業するための資金調達方法には、出資、個人借入、融資、補助金・助成金等があります。

個人資産である自己資金を資本として使用することが、経営の自由度が高いと言えます。しかしながら、自己資金が不足している場合、親族や知人からも借りれない場合には、資金の調達方法を考えなければなりません。

助成金や補助金の場合、基本的に返済が不要のものが多いのが魅力的です。起業家が活用できる助成金や補助金には、経済産業省関係の補助金、厚生労働省の助成金、自治体による助成金や補助金などが存在します。経済産業省の補助金は、起業や地域活性化、女性の活躍などを支援する内容のものがあり、受給する為には、各補助金の要件を満たす必要があります。常に募集している訳ではないので、申込期間を見逃さないことが大切です。

起業する際に一番の悩みとなるのは資金調達の事でしょう。VCから出資を受けたいと考えている人もいるのではないでしょうか。

VC(ベンチャーキャピタル)とは、急成長の可能性があるベンチャー企業に資金を提供する投資会社のことです。 政府系、銀行系、証券会社系、事業会社系、独立系等があります。

ベンチャーキャピタルは、ベンチャー企業に出資をすることで株式公開の支援をします。株式公開後に、株式を売却することで得られる利益を目的として出資を行っていますので、成長の可能性がなければ支援を受けることはできません。

例えば、商品・サービスの優位性や市場の成長の可能性などがVCの目に留まるポイントになりますので、本気で援助を受けたいならば、事業計画書には力を入れてください。

当サイトは、各社様の告知を広告として掲載しています。各サービスのご利用にあたっては、ユーザー様ご自身の判断により行って頂きますようお願い致します。
当サイトの掲載内容には万全を期していますが、ユーザー様が弊社のページをご利用した事により発生する、直接的および間接的損害に関しては一切の責任を負いかねます。